【応募は終了いたしました】

万代島美術館 原田治 展 ご招待券プレゼント!

原田治


「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、イラストレーター・原田治(1946-2016)。シンプルな線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターは70年代後半から90年代に爆発的な人気を博し、今も幅広い世代に愛されています。幼少期の資料やデビュー当時の仕事、広告・出版・グッズなど多岐にわたる作品を網羅した、没後初となる全国巡回展です。


原田治

「anan」第47号 1972年 平凡出版 アートディレクション:堀内誠一 表紙イラストレーション:原田治


イラストレーターからデビューまで


ものごころつくと絵ばかり描いていたという治少年は、自ら希望して絵を習い始めます。先生は、のちに渡米し、アメリカ抽象表現主義の画家の一人となった川端実でした。画家になることを夢見るようになった治でしたが、高校生の時に画家の道を断念。多摩美術大学のデザイン科に進学し、卒業後にニューヨークへ。第1章は、少年時代からニューヨークでのデザイン修行後、雑誌「an・an」でのイラストレーターデビューまで、原田治の辿った軌跡をご紹介します。


原田治

スクールバッグ(OSAMU GOODS®)1992年 ©Osamu Harada / Koji Honpo


雑誌の装丁など原田治の仕事


「あくまで大事なのはテーマや内容にそっていること」と語り、自在に作画スタイルを変えたオールラウンドなイラストレーター原田治。この第2章では、雑誌や装幀の仕事などからそんな職人的姿勢を感じていただけます。
また、移り変わりの激しいコマーシャルの分野で、数十年にわたり愛されている原田治のキャラクターたちや、自らプロダクトをトータルでデザインした「OSAMU GOODS」の数々も展示します。


原田治

ミスタードーナツキャンペーン用キャラクター1986年


幅広い分野における多彩な仕事を紹介。


原田治は雑誌のカットや書籍の装幀、企業の広告や各種のグッズ、絵本やエッセイなど、幅広い分野において多彩な仕事を残しました。今回の展覧会は、その全貌を見渡す試みでもあります。


開催概要

【会期】
2023年01月28日(土) ~ 2023年05月07日(日)


【休館日】
月曜日(ただし、3月20日、5月1日は開館)


【開館時間】
10:00~18:00(観覧券の販売は17:30まで)


【会場】
新潟県立万代島美術館(新潟市中央区万代島5-1 朱鷺メッセ内 万代島ビル5階)


【観覧料】
一般1,200円(1,000円)/大学・高校生900円(700円)/中学生以下無料
※( )内は有料20名様以上の団体料金
※ 障害者手帳をお持ちの方は観覧料免除(受付で手帳をご提示ください)
前売券[一般のみ]1,000円(販売期間:12月24日~1月27日)


【主催】
新潟県立万代島美術館、UX 新潟テレビ 21、原田治展新潟実行委員会


【後援】
新潟県教育委員会、新潟市、新潟市教育委員会、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NCV(株)ニューメディア、FM 新潟 77.5、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ、エフエムしばた、燕三条エフエム放送


◆応募期間:12/16(金)〜31(土)

※期間より前に回答をいただいても無効となりますのでご了承ください。

原田治 展
ご招待券5組10名様にプレゼント!!

▽応募はコチラから
応募するボタン

 

<2022年12月現在の情報です>


▽他にも盛りだくさん♪是非ご覧ください!

underbanner:トキっ子チャンネル
トップへ