さつまいもの豆知識

さつまいもに含まれるビタミンCは、でんぷんに包まれているので加熱による損失が少ないです。かぜ予防、お肌の張りを保つなど冬にはうれしい食材です。もちろん食物繊維も多く便秘解消に役立ちます。さつまいもはゆっくり加熱した方が甘味が強くなります。電子レンジで加熱するとさっぱりした甘さになり、蒸したり焼いたりすると甘味が増します。石焼き芋がおいしいのはこのためです。


<さつまいももち> 1人分?123kcal ?食塩量:微量 ?調理時間:約25分(蒸す時間も含む)


材料(3~4人分)


つくり方

  1. さつまいもは3cmの厚さに切り、皮をむき水に漬けあくをぬく。皿にのせ強火の蒸し器でやわらかくなるまで蒸す。さらに餅をいもの上にのせやわらかくなるまで蒸す。
  2. ボールに①を取り出し(皿に残った水分は加えない)すりこぎでつぶす。砂糖ときなこを加えて練るように混ぜる。
  3. 等分に分けて丸め、塩少々を加えたきなこをまぶす。

※砂糖の量は、味を見ながら加減しましょう。

※さつまいもの皮は、せん切りにしてごま油で炒めしょうゆ、砂糖で味をつけきんぴらにしていただきましょう。


レシピ提供


丸山 成子(まるやませいこ)先生

職業/管理栄養士・フードライフコーディネーター・製菓・調理師専門学校講師・各種公民館料理講師
メールseiko.m@iris.ocn.ne.jp

プロフィール


他の講師紹介

トップへ