Microsoft-PowerPoint-プレゼンテーション2jpg-1024x310

「歯並び」について新潟県歯科医師会さんにお聞きしました。

歯並びが悪いと、歯ブラシが細かいところまで届きにくく、むし歯や歯肉炎・歯周病の原因にもなります。さらに物を噛む咀嚼効率が低下し、消化器系全体の負担が増します。もちろん、顎(あご)の骨、筋肉の発達も阻害され、成長発育に影響を及ぼします。
また、反対咬合や開咬の場合、サ行やタ行などの発音がしにくくなります。しっかりした噛み合わせが脳に良い刺激を与えることなど咬合と全身との関係が最近よく言われていますし、歯並びの悪さが劣等感など心理的に影響することは明らかです。

【歯並び・噛み合わせ】
混合歯列期は永久歯が生えてくる時期であり、歯並び、矯正治療の問題など、歯の一生にとって重要な時期です。

【叢生(そうせい)】(らんぐい歯)
歯並びの異常で一番多く、顎の大きさに比べて歯の幅の総和が大きくなり、歯並びがでこぼこした状態です。特に犬歯が歯列からはみ出している八重歯は、乳臼歯のむし歯、早期の喪失などが主な原因として考えられますが、歯列弓の形態が狭窄した形態をとることも原因の一つです。

【空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)】
叢生とは逆に、すき間だらけの状態。通常の乳歯によく見られる生理的な場合と、すき間が大きい歯列異常を考える場合があります。

【上顎前突(じょうがくぜんとつ)】
下顎に対して、上顎や歯が突出した状態で、歯だけが出ている場合と、顎も一緒に出ている場合とがあります。

【下顎前突(かがくぜんとつ)】(反対咬合)
下の前歯が上の前歯より前に出た状態を言います。上下の前歯の先端がちょうど合った状態(切端咬合)も反対咬合の一種です。反対咬合は骨格的に問題がある場合が多く、下顎は身長の伸びとほぼ同じ時期に大きくなるので、思春期の成長とともに反対咬合の程度がひどくなることが多いようです。

【上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)】
歯並びが良くてきれいに噛んでいても、上下の歯列が前に出てしまっていて、リラックスした状態で口を閉じることが出きません。

【過蓋咬合(かがいこうごう)】
前歯の噛み合わせが噛みこみすぎている状態のことを言います。

【開咬(かいこう)】
奥歯の数本だけが噛んで前歯が噛めない状態のことを言います。

【交差咬合(こうさこうごう)】
下あごが左右どちらかにずれて噛んでいる場合を言い、臼歯の萌出方向が正しくないためや、片側噛み、頬杖などの不良習癖によって起こります。

【指しゃぶり】
<意義>
0歳から3歳ぐらいまでの指しゃぶりについては、精神安定と知覚運動能力の発達に役立っています。大部分は自然と治癒します。

<問題>
4歳を過ぎての指しゃぶりは、歯並びや発音に悪い影響をあたえます。

<対策>
子供とのふれあいを大切にしたり、手や指を使う遊びを教え、手をつないで寝たりします。また、指しゃぶりをしていないときには誉めてあげましょう。
歯並びや発音に影響が出ている場合は、かかりつけ歯科医に相談しましょう。

【歯が生えてこない】
生後6カ月ころから生え始め、1歳未満で生えれば正常範囲。生後2歳6カ月頃までに生えそろいます。

【歯のすき間】
ある程度の隙間は正常な永久歯の歯並びを得るためにも必要です。

【口のくせ】
爪噛み癖、咬唇癖、舌癖などは、長期間続くことにより、歯並びや噛み合わせに影響を与えます。4歳から5歳ごろにはなくなるのが普通です。


毎日の歯みがきも重要

食べたら磨くという習慣が大切です。磨き残しの多い(むし歯になり易い)部分は、噛む面の細く深い溝、歯と歯が接している隣接面、歯と歯肉の境界部の3か所です。磨き残しをしやすい場所=むし歯になりやすい場所で、大人も子供もほぼ同じです。また力に頼りブラッシングをすると歯や歯肉をいためてしまいます。200g~250gで小さな往復運動(毛先をほとんど移動させない位)で磨いてください。


しっかり仕上げみがきを

子供はなかなかうまく磨けません。保護者による仕上げ磨きをしてあげましょう。また、歯の生えかわる時期は乳歯と永久歯が混在し、歯列や歯の高さが凸凹で汚れが溜まりやすく、歯ブラシが届きにくいため、仕上げ磨きが特に重要となってきます。乳幼児の時から、毎日の正しい歯磨きの習慣を身につけましょう。歯磨剤やキシリトール入りのデンタルペーストなど味のバリエーションで遊び感覚で習慣付ける方法もあります。
歯や口の健康について気になる事があれば、かかりつけ歯科医院へお気軽にご相談下さい。また、歯と口の健康に関する内容は、WEBサイト「歯と口の健康について・歯のQ&Aコーナー」よりご覧いただけます。

今回お話を伺ったのは・・・
新潟県歯科医師会
URL/ http://www.ha-niigata.jp/
TEL /025-283-3030

 

トキっ子ラウンジvol.32(2014年3月10日発行)掲載

トップへ