麩の豆知識

高タンパク、低カロリーでヘルシーという事に加え、紫外線などを受けて壊れてしまったコラーゲンを修復してくれるアミノ酸の一種「プロリン」が豊富に含まれている事から、再注目されているお麩。そんなお麩の中でも食感が最もお肉に近く食べ応えがあり立派にメインのおかずになっちゃうのが新潟の車麩です。


<麩のピカタ> 1人分?151kcal ?食塩量:0.9g ?調理時間:約20分(戻し時間は除く)


材料(5人分)

【付け合わせ(ピクルス)】


つくり方

  1. お湯に減塩だしの素を溶かしてだしを作り、車麩を戻す。ときどき車麩を返しながら15~20分つける。(だし汁を全部吸ってしまったらOK)
  2. ①の車麩に小麦粉をまぶし、卵をからめる。
  3. フライパンで両面こんがり焼く。
  4. 付け合わせを作る。黄にんじんは厚めの半月にして茹でる。パプリカは7mm幅に切って茹でる。きゅうりはさっと茹で、4cmの長さで厚みを4つに切っておく。カリフラワーは小房に分けて酢水で茹でる。ピクルス用の調味料を合わせて野菜を和え、重しをしておく。
  5. ピクルスを置いた皿にピカタをのせ、ゆずごしょうと醤油(1人ミニスプーン1杯)を添える。

レシピ提供


関田 美恵(せきたみえ)先生

職業/管理栄養士・介護支援専門員・表千家地方講師
メールepi_march17th@yahoo.co.jp
ホームページhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~epi-mie/

プロフィール


他の講師紹介

トップへ