かぶの豆知識

かぶは『日本書記』にも記載があり古くから栽培されていた野菜のひとつです。日本各地の気候や風土に合うように品種改良がおこなわれ、その数は80種ともいわれています。かぶの丸い身の部分はビタミンCやカリウムが多く含まれ、葉の部分にはカロテン、ビタミンB1、B2、C、カルシウムなどが豊富に含まれます。栄養価が高いのはじつは実よりも葉なんです。アクも少なく柔らかいので下ゆでも必要なし!まるごと美味しくいただきましょう。


<かぶのコーンクリーム煮> 1人分?52kcal ?食塩量:0.9g ?調理時間:約15分


材料(4人分)


つくり方

  1.  かぶは洗って食べやすい大きさに切る(皮はむいてもむかなくてもよい)。
    葉は4cm長さに切る。(量は調節して下さい)
  2. 鍋にかぶと水、固形スープを入れて煮る。
  3. かぶがやわらかくなったら葉とクリームコーンを入れる。
  4. 葉に火が通ったら塩、こしょうで味をととのえる。

レシピ提供


本間真弓(ほんままゆみ)先生

職業/管理栄養士
メールakimayu@beige.plala.or.jp
facebookhttps://www.facebook.com/mayumi.honma.77

プロフィール


他の講師紹介

 

トップへ