れんこんの豆知識

これから旬(11~3月)をむかえるれんこん。「先が見通せる」としてお祝いの席や、お正月によく使われます。ビタミンが多く、ビタミンB?、B?も含むので疲労回復、風邪予防、肌荒れに効果がありこれからのシーズンにはうれしい食材です。切ると糸をひくのはムチンというたんぱく質で、胃の粘膜を保護し消化を促進します。穴の中が黒くなっているのは古いものです。白いものを選びましょう。切ったり皮をむいたりすると表面が黒くなってしまうので酢水につけましょう。ゆでる時も酢を入れると白く仕上がります。


<れんこんバーグ> 1人分?213kcal ?食塩量:0.8g ?調理時間:約20分


材料(4人分)

【A】

【B】


つくり方

  1. れんこんは皮をむいて1㎝の厚さの輪切りにする(8枚)。酢の入った湯で固めにゆでる。
  2. 玉ねぎはみじん切りにして電子レンジに1分かける。パン粉に牛乳を加える。
    ボールに【Aを入れてよく混ぜる。4等分にして丸める。
  3. れんこんの片面に片栗粉をつけて2枚で②の生地を挟む。フライパンに油を熱し片面2分程度づつ中火で焼き皿に取る。
  4. 片栗粉と水を合わせて、水溶き片栗粉をつくる。
  5. 空いたフライパンに【Bを入れて温め、水溶き片栗粉でとろみをつける。ハンバーグにかける。
  6. ミニトマトを添える。

※照り焼きソースの代わりにトマトケチャップやソースをつかってもおいしいです。
※れんこんを粗みじんにして生地に入れてもよいでしょう。


レシピ提供


丸山 成子(まるやませいこ)先生

職業/管理栄養士・フードライフコーディネーター・製菓・調理師専門学校講師・各種公民館料理講師
メールseiko.m@iris.ocn.ne.jp

プロフィール


他の講師紹介

トップへ