豆乳の豆知識

豆乳はすりつぶした大豆を加熱して搾ったもの。大豆のほとんどの成分が残っているので飲む大豆と言われています。大豆に含まれているイソフラボンはポリフェノールの1種で女性ホルモンと同じような働きをします。その為、更年期障害の緩和に有効だと言われています。また、カルシウムが骨から溶けるのを抑制するので骨粗鬆症の予防にもいいです。


<魚のソテー豆乳ソースかけ> 1人分?257kcal ?食塩量:1.2g ?調理時間:約25分


材料(5人分)


つくり方

  1. 付け合わせ野菜を用意する。
    ブロッコリーは小房に分け茹でる。パプリカは乱切りにして茹でる。
    南瓜は皮を剥き、茹でつぶす。砂糖と塩を加え、茶巾にする。別に茹でておいた皮で飾る。

  2. 豆乳を小鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちさせ混ぜながら煮詰める。
    半分くらいになってとろりとしたら、マスタードを入れ、塩、こしょうで味をととのえ、ソースにする。

  3. 魚に塩、こしょう、小麦粉をはたき、フライパンでこんがりと焼く。

  4. 魚を器に盛り、②の豆乳ソースをかけ、付け合わせを添える。

コツ・ポイント

豆乳は、カルシウムや生で酵素を含む野菜などと一緒に加熱すると分離しますが、豆乳だけで加熱すれば分離しません。とろみがつくまでじっくり煮詰めましょう。


レシピ提供


関田 美恵(せきたみえ)先生

職業/管理栄養士・介護支援専門員・表千家地方講師
メールepi_march17th@yahoo.co.jp
ホームページhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~epi-mie/

プロフィール


他の講師紹介

トップへ