糸うりの豆知識

糸うりは、「そうめんかぼちゃ」ともいい、かぼちゃの一種です。楕円球形なので、ドーナツ状に輪切りにしてゆでると、果肉がそうめん状にほぐれます。作りかたを読んでも、糸うりのゆでかたがよくわからない人は、お母さんやおばあちゃん、近所の年配の方に聞いてみましょう。子供たちと一緒に、水の中で果肉を糸状にほぐすのはとても面白いです。子度たちには、ママが魔法使いのように見えるかもしれませんよ!!皮がとても固いので最初の輪切りをするときには、手を切らないように十分に気をつけてください。パパに切ってもらっても良いですね。


<糸うりの煮なます> 1人分?46kcal ?食塩量:0.9g ?調理時間:約30分


材料(4人分)


つくり方

  1. 糸うりは5㎝幅の輪切りにする。
    まな板に輪切りにしたものを置き、包丁で周りの硬い皮を包丁で切り落としていく。4つ割りにして種とワタを手で取り除く。
    鍋に入れ、たっぷりの水を注ぎ火にかける。
    沸騰して箸がす~と通るようになったら、ざるにあけ、水を何回か替えながら冷やし、そのまま水の中で手でほぐし、ざるに上げて軽く手で水けを絞る。
  2. 油揚げ、にんじんは千切り、しいたけは薄切りにする
  3. 鍋に2の野菜とコーン、しょうゆ、みりん、塩を入れて煮立て、全体がしんなりして火が通ったら火を止め、糸うりと酢を入れて全体を混ぜる。
    冷めるほどに味がなじんで美味しくなる。

◆レシピ提供


蕪木康子(かぶらきやすこ)先生

職業/管理栄養士・料理研究家
メールyasuko@tk-lakeside.com
ホームページhttp://yasuko-openkitchen.com/room/

プロフィール


他の講師紹介

トップへ