ヒーローヒロイン女子タイトルW600加藤春香
vol.7
全日本バトントワーリング大会に出場したい!

加藤 春香(かとうはるか)さん

長岡市在住 小学3年生


くるくるとバトンを回しながら次々と技を繰り出し、真剣にレッスンに励む春香さんは小学3年生。お話を聞く時の姿勢はとても正しく、挨拶もはっきりとしていて、とてもしっかりとした女の子です。5歳からバトンを始めて昨年は第4回新潟県バトンコンテスト「ソロトワール小学校低学年部門3位」という実力も持っています。

2月に開催される第25回全日本バトントワーリング選手権北陸大会前でスポーツバトンのレッスンが主ですが、年間を通じていろいろなイベントのステージなどで演技することもたくさんあります。バトントワーリング大会の上位を目指すため、大きなお姉さんたちと一緒に毎日学校が終わると夜まで練習して、学校がお休みの日でも毎日バトンの練習をして頑張っています。また体の基本を作るためバトンの他にバレエ、ダンス、体操も習っています。

春香さんは、「学校から帰ったらまず宿題をして、それからレッスンに行きます。土日もレッスンが多いのですが、バトンが大好きなのでとても楽しいです」と話してくれました。

「普段はなるべく食事面や勉強面でのサポートをしていけるように心がけています。とてもマイペースな子なので、心配でつい小言を言ってしまうのですが、本人はきちんと先生の話を理解できていますね。たくましい心を身に付けてもらえたら、一生の宝物になると思って見守っています」と話すお母さん。

コーチの上杉さんは「春香ちゃんは、幼い頃から沢山の経験をしております。幼いながらも、その時々に感じたことをしっかりと記憶しています。それは一つひとつのことに取り組む度に、ご家庭でご両親様が幼い春香ちゃんに解るように説明をしてくださっていたり、学校の先生方やお友達からも春香ちゃんの頑張りを称えてくださる沢山のお言葉をいただいているおかげだと思っております。そして、春香ちゃん自身も自分でバトンノートを作り、日々の経験をしっかりと記録しております。こうした一つひとつの経験が、春香ちゃんの自信となり、勇気となっているようです。」と話してくださいました。

最後に「初めての大会では3人の先生方の前で踊る時にとても緊張してしまいました。今回はソロトワールとソロストラットの2種目に挑戦します。小学校低学年部門最後のチャンスなので、2月の北陸大会で優勝して全国大会に出場したいです!」と、目標をしっかりと話してくれました。

※ ソロトワール 1本のバトンを使用して技術を競う種目。

※ ソロストラット マーチのリズムの中で、優雅で気品のあるボディーワークとバトンの技術を競う種目。

 

 


トキっ子ラウンジ vol.32(2014年3月10日発行)掲載

 

トップへ