【トキっ子エッセイ】
「大好きだよ」

 

どうしてキミはそんなにかわいいんだろう。
どうしてキミはそんなにステキな笑顔をするんだろう。
そして、どうしてキミはそんなにお父さんのことを信じることができるんだろう。

キミは、おとうさんのことを世界一正しい人だと思っているんだね。
そして、おとうさんのことを大好きって思っているんだね。
そうおかあさんから聞いたよ。
ありがとう。

でもね、おとうさんはこれまでなんどもキミにまちがったことをしてきたんだよ。
自分勝手な理由でキミのことを怒ったこともあるし、大声を出して泣かせたこともあるんだよ。
そのたびにおとうさんは自分のことがイヤになる。
情けない気持ちでいっぱいになる。

そしておとうさんはキミに「ゴメンね」と謝る。
するとキミは、涙のあとのついたほっぺをプックリと膨らませ、「うん、いいよ」って許してくれる。

おとうさんはね、キミに許されてキミのおとうさんをやっていけるんだよ。
いつもおとうさんを許してくれてありがとう。
キミのおとうさんにさせてくれてありがとう。

キミはおかあさんが命がけで生んでくれました。
キミも命がけで生まれてきてくれました。
ありがとうありがとう。
こんどはおとうさんが命がけでキミたちを守ります。
これからもずっと大好きだよ。

 

<文>藤田市男
エッセイスト。新潟市江南区生まれ。
娘5歳・息子1歳のときに青年実業家を目指して独立し、しばらく中年実業家。…気付けばエッセイスト。
著書:【手づくり絵本:ちいさな手】うに企画/【家族っていいなぁ】パート1~3などあたたかなエッセイにファン多数です☆

 

トキっ子ラウンジvol.27(2013年5月10日発行)掲載

トップへ